活動報告

HOME >> 北神日記 >> 地元活動

北神日記

北神日記Blog

7月25日(土)

○雨けぶる中、高雄のもみぢ屋で岩田溫先生と対談をしました。清瀧川のせせらぎを背景に楽しい時間でした。動画は数日後に公開します!

116153590_10217453070990747_3462180937579452603_n112527255_10217453070630738_6956114917120495952_n

7月17日(金)

○新光悦村の創立17年記念日セールに立ち寄り、お祝い申し上げましたが、逆に、激励されました!

108009518_10217394362883081_8419369617632430006_o

7月6日(月)

○梅雨の晴れ間に地元の河川美化活動に参加しました。写真は、葛野学区の衣手町にある「お半長の供養塔」で草抜きをしているものです。浄瑠璃『桂川連理柵』(かつらがわれんりのしがらみ)でも扱われていますが、江戸時代に38歳の帯屋長右衛門との恋の悩みで、14歳の信濃屋のお半は書き置きを残し桂川へ死に行く。長右衛門は後を追い、桂川で心中を遂げてしまったという事実に触発された物語です。

106925948_10217311589653802_7572931438480252548_o

6月11日(木)

○参拝に行きました!

103783732_10217106699971688_7418542599776207118_o102720045_10217106703651780_8693169068568911381_o103100487_10217106701571728_6055201000095591459_o102871812_10217106704211794_455786619071453723_o

【伊東静雄全集】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)⑦

雅語を駆使した「燕」や「春の雪」から、結核で死ぬ前の近代的な「長い療養生活」と「倦んだ病人」まで、伊東静雄の言葉の風雅は類をみません。

※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

103612828_1677967665684207_3399077325618039071_o101284233_1677967685684205_4262406076054259219_o101840320_1677967722350868_2295384008308111629_o102691622_1677967742350866_7871501898985053783_o


【古今和歌集】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)⑥
昔は、比喩や言葉遊びが単純すぎて面白くなかったけど、今や「古今集」の言葉の姿の明快さは誠に心地よい。和歌は、中国から入ってきた絢爛な文章にあこがれつつ、これに対抗して素直な日本の心を歌ったものであり、西郷信綱氏によると古来の「祭」とそこで発せられる「呪文」(=言霊)を源泉としている文学です。
好きな歌を二首。
むすぶ手のしづくににごる山の井の あかでも人に別れぬるかな(紀貫之)
有明のつれなくみえし別れより 暁ばかり憂きものはなし(壬生忠岑)
※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

102425666_1677525915728382_426769840944910869_o

【徒然草】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)⑤

「徒然草」は吉田兼好が晩年、右京区双ヶ丘東麓の庵で執筆されたらしい。

文章も面白いし、地元の話が出てくるので身近に感じられます。

「大覚寺殿にて、近習の人ども、なぞなぞを作りて解かれけるところへ、医師忠守(ただもり)まいりたりけるを、侍従大納言金明(きんあきら)卿、「我朝の物とも見えぬ忠守かな」と、なぞなぞにせられけり。「唐瓶子(からへいじ)」と解きて笑ひあはれければ、腹立ちてまかり出でにけり。」

また「仁和寺なる法師、年寄るまで石清水を拝まざりければ、心憂く覚えて、ある時思立ちて、ただひとり徒歩よりまうでけり。極楽寺、高良などを見て、かばかりと心えて、帰にけり。さて、かたへの人にあひて、「年ごろ思ひつること、果し侍りぬ。聞きしにも過ぎて、尊くこそおはしけれ。そも、まいりたる人ごとに、山へ登りしは、何事かありけむと、ゆかしかりしかど、神へまいるこそ本意なれと思ひて、山までは見ず」とぞ言ひける。
少しのことにも先達はあらまほしきことなり。」

最後に「丹波に、出雲といふ所あり。大社を移して、めでたく造れり。しだのなにがしとかや領(し)る所なれば、秋の頃、聖海(しょうかい)上人、其外も人あまた誘ひて、「いざたまへ、出雲拝み給へ。掻餅(かいもち)召させん」とて具しもていきたるに、をのをの拝みて、ゆゆしく信起こしたり。
御前なる師子、狛犬、背きて後(うしろ)さまに立ちたりければ、上人いみじく感じて、「あなめでたや、この師子の立ちやう、いとめづらしく、ふるきゆへあらん」と涙ぐみて、「いかに殿ばら、殊勝のことは御覧じ咎めずや。むげなり」と言へば、をのをの怪しみて、「誠に他に異なりける。都のつとに語らむ」など言ふに、上人なをゆかしがりて、おとなしく物知りぬべき顔したる神官を呼びて、「此社の師子の立てられやう、定(さだめて)習ひあることに侍らん。ちとうけたまはらばや」と言はれければ、「そのことに候。さがなき童どものつかまつりける、奇怪に候事也」とて、さし寄りて据へ直してければ、上人の感涙いたづらに成にけり」

※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

102760736_10217073979033685_3492722849136329778_o

【鴎外全集】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)④

学生時代に能楽にのめり込みました。

烏丸今出川を少し上がったところの河村能楽堂で、

今は亡き河村晴夫先生のもとで稽古をしました。

まるで決闘が展開されているような張り詰めた空間と悠久の時間の流れが交わる。

きらびやかな衣装をまとったシテが過去の挫折の中から深い執念とともによみがえり、

雄叫びのような掛け声をかけながら囃し立てる囃子の音楽と、

追い立てるような地謡の声楽にあわせて、舞を舞う。

室町の貴族の雅と戦国武将の武によって育まれたすごい芸術だと思いました。

大好きな鴎外の全集の一巻に「能について」という目次を発見したときには、

胸躍らせながら頁を急いでめくりました。

ところが、たったの一行しかないのです。

「能は極端まで様式化したる人間の行為である。」

さすが軍人であり、科学者でもある文豪の評価だなあ、と感心しました。

簡潔で正確無比な表現ですね。

※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

101921813_10217052708301930_6219173835007066112_o102261507_10217052710261979_3762517747888553984_o83311553_10217052712222028_6299059986194497536_o

【つゆのあとさき】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)③

七日間ブックカバーチャレンジの第三弾です。

「つゆのあとさき」

永井荷風の短編です。

坂口安吾はこの作家を懐古趣味の通俗作家と批判し、これはこれで一理ありますが、

文章があまりにも上手いのでこうした批判も吹っ飛びます。

近代文学では、一番文章が好きなのは森鴎外、その次に永井荷風です。

※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

100057619_10217046073936075_1450045198955446272_o

【日本人のこころ】ブックカバーチャレンジ(本のご紹介)②

今は亡き上田正昭先生の古代史の講義は、笑いあり、発見あり、の人気あるものでした。

15年ぶりにお会いしたのは、曽我部のご自宅でした。

その後何度かご指導いただきました。

最後となってしまった面会のときに「日本人のこころ」という書き下ろしの著書を賜りました。

手渡しの際「今回は正面切ったんや」と常になく興奮した面持ちでした。

多くの日本文化論は自己礼賛で終わりますが、先生の論は、一級の学問の裏付けの上に、

日本に対する愛情をもちながら「自信と過信とは異なります」と、

後者を制しながら前者を育みます。

「先憂後楽」という言葉は、我々の弱点を暴いている気がしてなりません。

※ブックカバーチャレンジ:フェイスブックで始まったリレーチャレンジ。「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジで、参加方法は好きな本を1日1冊、7日間投稿する」

102654154_10217043438430189_6818248912973856768_o102805195_10217043438750197_4325275544473042944_n

活動報告

  • 北神日記ブログ