HOME >> 北神圭朗の政策

30年後に人口1億人を維持
「年金・医療・介護」をささえる財源の60% は、働く世代が保険料で負担しています。働く世代の人数は、社会保障や経済成長と直結しているのです。
高齢者の老後の安心のためにも、保育施設の整備などにより、子育て世代、若者、女性の社会進出を応援します。

子どもたちの夢を育む
「あこがれ」こそが、教育の原点です。子供たちがあこがれる歴史上の人物、我が国の立派な先輩たちの「生き様」を学ぶことにより、具体的に将来の夢を思い浮かべられるようになり、「カッコいいなぁ、自分も頑張ろう!」という志が芽生えます。


世界の技術革新カランキングで16位(2016年)の我が国。世界をリードする技術立国として復活するために、「ものづくり」「医療」「農林業」などの成長分野へ、国主導で研究開発や人材への投資を推進するとともに、規制改革などの環境整備にも取り組みます。

東京一極集中を是正
京都には、1200年の悠久の歴史の中で培われた伝統産業、日本のものづくり文化の重要な基礎があり、世界で勝負できる最高の技術を持った中堅・中小企業もあります。
国の防災と東京一極集中の是正の観点からも、京都に首都のバックアップ機能をつくり、「世界の中の京都」を中心とした文化首都構想を推進します。

現場の声を具体的な政策へ
営農者数、農業所得を共に増加させた「戸別所得補償」を復活します。
また、法律や住宅減税により、地元の木材が公共施設や住宅に積極的に活用させる仕組みを提案します。
烏獣被害に対しては、より効果的な駆除が実施されるように規制緩和や法律改正を進めます。そして、ここ京都から「強い農林業」を発信します。

現実を直視した外交・安全保障
自衛隊による米軍協力 は世界規模で行うのではなく、基本的にアジア ・ 太平洋地域に限定し、現実的な脅威に対応することが重要です。
また、北朝鮮による核実験·ミサイル発射への毅然とした対応とともに、金融機関へのハッキングなどのサイバー攻撃への備えを進めます。
中国に対しては、我が国の領海や離島を守るために、海洋防衛力を強化します。